ねずみ駆除にはどんな方法がある?

subpage-img

ねずみは食べ物だけでなく硬いものでも何でもかじります。

家に住み着くと建屋や家具をかじって傷めたり、時には電気設備や配線までをも傷付けて漏電・火災を引き起こすことさえあります。
またねずみやその排泄物はダニ・病原体・寄生虫の温床であり、人体に悪影響を及ぼす危険な存在です。
種によって異なりますが、生まれてから数か月で生殖可能となり、年に何度も子を産みますのであっという間に増殖します。



見かけたら放置せずにすぐに対策を行わねばなりません。

ねずみは食べ物があるところに現れますので、残飯や食べ物に容易に近づけないようにしておきましょう。


また巣を作る材料となる布・紐・ビニール・新聞紙なども長期間放置しないことが大切です。

日本経済新聞をご提案いたします。

家に侵入されないよう隙間や穴があれば防鼠金網やパテなどで塞いだり、忌避剤を用いるなど外壁や配管のメンテナンスはしっかり行いましょう。
これらはねずみ予防にも大変有効です。
家庭でできるねずみ駆除の方法として、罠や粘着シート、毒餌、専用の燻煙剤があります。

設置するときは周囲の食品を片付けて罠や毒餌に関心がいくようにしましょう。

また幼児やペットが口にしないよう注意が必要です。粘着シートは放置しておくとホコリがたまって粘着効果が薄れますので頃合いを見て取り替えましょう。

死骸を見つけたらまずは殺虫剤で寄生しているダニやノミを駆除し、必ず手袋とマスクをして新聞紙とビニールで密閉して捨てましょう。
穴に埋めるのは不衛生ですし、動物に掘り返される恐れがあります。死骸を処理したら残った寄生虫や細菌を消毒・清掃して取り除きます。

使用した掃除道具も使いまわしはせずに捨ててください。


近頃は薬剤耐性のあるねずみも出現し、既存の方法では駆除が困難なケースがあります。

紹介したねずみ駆除の方法でいなくならない場合は、速やかに専門業者にねずみ駆除を依頼してください。



top